Welcome to rabbit world

【うさぎの食事】牧草を美味しく食べてもらうためにやっていること4つ

うさぎの食事好みに関しては本当にそれぞれなようです。

うさ友さんから「うちの子は食べないから」といただいたものをガツガツ食べたりします。

 

なので、やはり他のうさぎさんの好みは参考程度にし、実際に色んなものを試して傾向を知ることって大事ですね。

 

うさフェス等のイベントでは、各メーカーブースで配布してくださるうさぎフードのサンプルをいただいて、いろいろ食べさせて試しています。

 

だんだん好みの傾向がわかってきました。
目次

ピーターは「くさいもの」が好き

我が家のピーターはペレットに関しても、牧草に関しても「香りのするもの」・・・もっとストレートに言うと、要するに「臭いもの」がすき!なようです。(笑)

 

ペレットに関しては特にそうで「ドックフード的なにおい」(←わかりますでしょうか・・・)がするものが好きです。

牧草も「香り」があり「新鮮」なものが好き

色々試していますが、よくあるのは「新しく食べ始めさせた当初は良く食べるけれど、だんだん食い付きが悪くなる」ということです。

 

やっぱりあまり好きじゃないのかな・・・と思うこともありましたが「香りがとぶ」ことが原因なようです。

 

野菜のおやつなども、しゃきしゃきしているもののほうがよく食べ、しおれて「くたっ」としてくると食べなくなりますので、食べ物の「歯ごたえ」なども関係があるようです。

うさぎに牧草を美味しく食べさせるための工夫4つ

以前に、獣医さんのアドバイスにより、牧草は「胃腸の動き」や「歯の健康」にとても重要と知りました。(→関連記事はこちら「獣医さんアドバイスについて」)
・・・ということで以下のような工夫をしています。

1.新鮮な牧草を与える

新鮮な牧草を与えたとしても、時間が経つと牧草の香りがとんでしまいます。そうすると、なかなか食べなくなります。

これに対しては、以下のような対策をしています。

 

  • 時間が経ったら古いものは交換する。
  • 時間が経つと湿気がつき、歯ごたえも悪くなるので、一度天日干しをするかレンジでチンをしてみる。
一度乾燥させると香りが戻ったり、歯ごたえも良くなると思います。

 

2.ペレットやおやつの量は少なめに

うさぎって、必ず「好きなもの」からきっちりと順番に食べますよね。

牧草よりはペレット類のほうがおいしく出来ているのでしょうから、当然、並べて置いておけばペレットを先に食べます・・・

ですので我が家ではいろいろ考えてペレットを夜1回、体重の2.5%にしています。(→関連記事はこちら「ペレットは夜一回」)

3.牧草の固形タイプを併用する

チモシー成分がそのままペレットになっているものは、食べやすそうなのでよく食いつきます。
もちろん本物の牧草のほうが「歯」にはいいのでしょうが、胃腸には優しそうです。
あと「固形(キューブタイプ)の牧草」もいいよ、とおススメされました。今度試してみようと思います。
ちなみに、ピーターがよく食べるチモシー成分のペレットはこちら↓

 

4.色んな牧草を混ぜて、1つに頼らない

一つの牧草にこだわらず、牧草のお試しセットなども売っていますので、いろんなものを試しています。

 

ときどき味や香りを変えてあげたりすると、食べ始めたりすることもあるので、常に何種類かを買っておいて混ぜるようにしています。

 

 お買い得ですし、いろいろ試せるセットがあります。

 

成長にともない変わってくる好みにも応じて、いろいろ試行錯誤が必要ですね。
いろいろ試すのも面白いので今後もいろんな種類を試食していただくことにします。