Welcome to rabbit world

2017年の中秋の名月は、9月じゃないし満月でもない10月4日(今日)です!

目次

今年の「十五夜」は9月じゃなく10月4日です

2017年の中秋の名月・・・いわゆる「十五夜」は10月4日だそうです。
ん?なんか違和感。
「十五夜」の日って、9月だった気がするのですけど・・・

 

私いままで「十五夜」は9月の中旬ごろの満月の日って思っていました。
でも、ふと見ると私の手帳の満月マークは2日後の10月6日についています・・・。あれれ。

「十五夜」は満月とは限らない

調べてみると「十五夜」は実は満月であることはまれで、たいてい1日か2日ずれているのだそうです。これは知りませんでした。

なぜ満月ではないのでしょうか?それに今年は、9月ではなく10月・・・謎ですね。

月の満ち欠けで作られた「旧暦」の十五夜の意味。

月の満ち欠けを基にした「旧暦」が十五夜を満月とした

旧暦では秋を7月~9月としています。

旧暦7月を「初秋」、旧暦8月を「仲秋」、旧暦9月を「晩秋」と区分しました。「 仲秋」が旧暦8月の全体を指すことに対し、「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日のみを指します。・・・つまり旧暦8月15日は「秋の真ん中の日」となっているのです。

旧暦では、月の満ち欠けが元になっています。旧暦の1か月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。そのサイクルは約29.5日なのだそうで、旧暦の1か月は29日か30日と定められたそうです。
その1か月の中で、月は「新月」から大きくなって「満月」となりまた「新月」に戻ります。ゆえに真ん中の日である15日の夜の月は、満月=十五夜と呼ばれるようになったそうです。
でも、月のサイクルは30日ぴったりで移り変わるわけではないため、実際の満月は1日か2日ずれるというわけです。そして、旧暦十五夜は今の暦の9月になるとも限らないということなのです。
今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の4日になります!!

お月さまが見えないときは・・・

10月4日の朝の東京は曇り空です。
夜には顔を出してくれるでしょうか?

 

そんなときはこんな絵本でもどうでしょう。
絵本好きのお友達が教えてくれました。

 

 

今日見えなくても、明後日は満月なのでそのときも見上げてみたいなと思います。