Welcome to rabbit world

【うさぎ生後11か月】どうぶつ病院で健康チェックをしてきました

目次

うさぎは体の不調を隠します

うさぎは草食動物なので、自然界では周りに天敵がたくさん。天敵に気付かれないようにするために体の不調があっても隠す習性があるそうですね。

ピーターはおかげさまで生後11カ月を過ぎましたが、これまで特に様子がおかしくて病院に駆け込んだということはありません。

お腹の調子も特に問題なさそうに毎日ペレットと牧草を食べています。

ですが、後で気づいて手遅れにならないように、事前のチェックを欠かさないよう、最低でも半年に1度はチェックをしてもらいに行こうと決めました。今回はその2回目。

全体的には問題なかったようですが、先生から所見があったところだけ記録します。

目にゴミが入りやすく少し白眼が赤いかも?という件

ピーターは最初のころから目にゴミが入りやすいタイプなのです。

なので半年前の健康チェックでは先生に相談し、目薬をいただいてその都度ゴミを浮かせてふき取っていました。

ですが。。

あまりに頻繁で、うさぎ専門店のスタッフさんは「自然に任せてもいいのでは・・・」という意見。確かに、自然界のうさぎは目薬なんて必要としてもいないわけで…

自分のふわふわの毛が目に入っていて、自然に取れることもあります。

なので、大粒のゴミが入っていない限りは敢えて放っておこうということになりました。

但し、赤目の部分は気になるので、今回は新たに目薬をいただきました。1日朝晩2回点眼です。

足の裏がちょっと固いかもしれないという件

これは気になっていましたが、やはり少し硬くなっているということでした。

固いだけならばいいのですが、足を傷つけ化膿させてしまうと、治すのが大変です・・・

なので「できるだけフローリングなどの固いところは歩かせないように」ということでした。

例えばケージの中のロフトやトンネル・・・こちらは気に入っているのでなるべくそのままにしておきたいと思いますが、そのまま使うなら、「わらっ子」など足に優しいものをしいて対応する等の工夫が必要なようですね。

またケージの金網よりは「すのこ」がやはり効果的だということです。

その他、耳、歯、お腹などのチェックも

耳は汚れていないか、耳の温度が冷たかったり暑すぎないか?

歯は、前歯、奥歯とも伸びすぎていないか?

お腹は固くなっていないか?

などをチェックしていただきました。

今回はアニコムの保険が適用されました

診察料は約1800円でした。

健康チェック自体は保険は聞かないですが、今回は目の件があったので治療費にしてくださったようでした。

我が家はアニコム損保のどうぶつ保険に「3割負担」(緑の保険証)で加入しています。

保険の記事はこちら。

もちろん健康にこしたことはないですが、保険適用されたのはありがたいですね。

 

まだまだうさぎ飼い主初心者の私なので、時には間違ったこともしてしまっているかもしれません…また何もなくてもチェックに行こうと思いました。