Welcome to rabbit world

うさぎのセカンドハウス選び〜入ってくれると助かる理由とおすすめハウス5つ

目次

セカンドハウスの使い方、我が家の場合・・・

ピーターにはメインの家である「ケージ」の他になくてはならないセカンドハウスがあります。
それは小さな「切り株ハウス」。

これに入ってくれたらかわいいなぁ・・・と思ってお迎え後すぐに購入しました。

とっても気に入ってくれて、目の前に置けばダッシュで駆け込んでいく・・・ピーターの駆け込み寺のような家になっています。

 

切り株ハウスを抱っこツールとして利用

何が便利かというと・・・置けば反射的にダッシュして駆け込んでくれるので、「捕まえるのが楽」なのです。

うさぎは抱っこされるのが苦手・・・ピーターに関しては、「ナデナデ」されるも好きではないので、悩みはお部屋を散歩させた後に「捕まえるのが大変」ということでした。

でも、このハウスを目の前に置けば必ず入ってくれることで、そのまま抱えてソフトな抱っこが出来ます。(このハウス、見た目より硬くなく、ソフトな素材です。)

ピーターにとっても私たちにとっても直接抱っこするよりストレスがなくて便利・・・本来の使い方ではありませんが、抱っこツールとして使っていたりします。

穴があると駆け込んでいく習性は、うさぎさんみんなが持っているとは限らないかもしれませんが、抱っこに悩んでいたら、そういう使い方もいいかもしれません。

ただしこちら、大きさに注意です。
1キロ未満のネザーランドドワーフ向けだと思います。

 

新たなセカンドハウスの買い替えを検討中

切り株ハウスをピーターがあまりにも気に入っているので、ついに中がボロボロになってきました・・・
新しいセカンドハウスを買ってあげたいです。

 

新しいセカンドハウス候補4つ

 

 1.お値段が安くかわいい「ラビットハウス」

 約2000円でこのお値段、可愛らしいです。
持っている切り株ハウスと同じふわふわクッションが入っているようです。
ただしこれも小さめのネザーランドドワーフじゃないと入らない大きさのようでした。

2.お友達のトイプードルぽんちゃんとお揃いの「いちごハウス」

 小型犬用でもいいですよね。
ピーターのおともだちであるトイプードルのぽんちゃんに、飼い主は「いちごハウス」をプレゼントしたことがありますが、だいぶ気に入ってくれたようでした。
入っている姿がまた可愛らしい!
ここまで紹介しておいて、最初の切り株をピーターがあまりに気に入っているので、もう一度買う、という選択肢もなくはないです・・・