Welcom to rabbit BLOG

【うさぎ飼育漫画】「チョビとワタシ」がシュールで笑えます

目次

ふんわりジャンプで連載中の「チョビとワタシ」

どなたかのSNSで流れてきてたまたまこの漫画の存在を知りました。

「ふんわりジャンプ」という雑誌に連載されているそうです。

WEBサイトがありました。

ふんわりジャンプ

 

あらすじ

運命的にうさぎの「チョビ」と出会った「ワタシ」こと作者の竹内さんは、気まぐれでミステリアスな性格のチョビに翻弄されつつも、今日も楽しく、モフモフ生きています。

・・・ってまるで私のことか???という内容です。

うさぎあるあるに大共感

ゆるーいうさぎ飼育漫画ですが、作者の竹内さん自身のシュールな自虐ネタもとても面白いのです。

絶対漫画で読んだ方が面白いですしかわいいのですが、例えばこんな感じです↓(ちょっとネタバレ)

  • 新しい種類のペレットなどを買って、今までのものに混ぜていても、必ずいつも食べている方だけをよりすぐって食べる。
  • なついてきたかと思ってなでようとすると逃げる、寄ってきたかと思うとなぜかかじられる。意味不明。
  • うさぎはローアングルからが可愛いのでつい下からのぞいてしまう。
  • 牧草に食いつき根元の方からかじりとるけれど、ぽいっと捨てる。
  • タオルが好き。ほじってぐちゃぐちゃにしては伸ばす。繰り返す。
  • 爪切りの後はしばらく放心状態。
  • うさぎの形をしたわらっこのおもちゃを買ってきて、ぶら下げてしばらく揺らして遊ぶもんだと思っていたら、真っ先に紐をかじられ落とされる。

・・・このうさぎのおもちゃのエピソードはうちと全く同じ(笑)。

該当商品は以下の通り↓(紐が「わら」なのでまずうさぎに狙われます。)

「チョビとワタシ」は電子書籍になっています

おもしろいですよ。