ピーターラビット展~大きな切り株の家と展示品レポート

PR

ピーター一家は切り株にすんでいました

大きな切り株の穴に暮らしているピーター一家の様子が展示されていました。

やっぱり切り株なんですね!!(うちもたくさんあります)

大きな切り株の中に・・・

ピーター一家が暮らしていました。かわいいですね。

素晴らしいキルトの作品も・・・

キルト作家、斎藤謠子さんの作品はピーターラビットの絵本の中の雰囲気がそのままに表現されています。刺繍の色合いと量が凄くて圧倒されました。

水色のジャケットがトレードマークのピーター

PETER RABBIT AND OLD ROSES

絵本の世界がそのままキルトに・・

 JILL’s Sugar Collectionとのコラボ 150周年バースデーケーキ

シュガーアーティスト・松比良明奈氏(JILL’s Sugar Collection)の記念ケーキがありました。

ちょっとティファニーのブルーっぽい150周年記念のケーキ

アイシングクッキーはかわいくて食べられません

 

アイシングのクッキーがとてもかわいらしかったです。以前アイシングに渡来したことがありますが、とても難しかった記憶があります・・・。

JILL’s Sugar CollectionさんのHPはこちらです↓

Sugar Collection

展示の中で驚いたこと

撮影できなかった展示品もたくさんありました。驚いたのは以下のようなことでした。

  • 若かりし日の黒柳徹子さんの朗読による「ピーターラビット」のレコードがあったこと。
  • ピーターラビットが初めて外国語訳されたのは日本語だった、ということ。
  • 1900年代初頭に入ってきたピーターラビットが、普及される段階では「ピーターうさぎ」というタイトルだったこと。

じっくり見たつもりでしたが、また見に行きたいなと思いました。

グッズのはなしまで辿り着きませんでしたので、また次回・・・

ピーターラビット™日本公式サイト

 

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です